サービス紹介
  1. HOME
  2. サービス紹介

導入費用&ランニングコスト最善策をご提案します

SERVICE

元ホテルコンシェルジュのわたしがご要望に全力でお応えします

LED照明器具で省エネ

LED照明器具で省エネ

LED照明器具に変えるだけで大きな省エネに!

設置してから10年以上経過している照明器具は見た目にキレイであっても、経年劣化により故障のリスクも高まりますし、最悪の場合には火災事故にもつながる可能性も…。そして何より、エネルギーの消耗が激しく、電気代も高くなります。
そんな様々なリスクを抱える照明器具をLED照明器具に変えるだけで、安定的な電力運転が可能となり自然と省エネに繋がります。

LED照明器具に変えるだけで大きな省エネに!

照明器具の中でも、照明2020年問題の対象となる「水銀灯」はもっとも電気効率が悪い照明器具です。それをLEDに交換するだけで、コストは大きく削減され、尚且つ2020年問題への対策ともなります。

空調で省エネ

空調で省エネ

照明設備同様に、空調設備も電気代が掛かっています!

照明器具なら10年、空調設備は15年を目安に、器具の交換をおすすめします!購入当時は省エネ力が高かった設備であっても、劣化による様々な「消耗」は著しく、電気代をはじめ故障修理によるコストは会社全体の経費を圧迫しかねません。

太陽光発電システムで省エネ

太陽光発電システムで省エネ

月々の光熱費が抑えられてお得!

住宅用の太陽光発電システムは、昼間は発電した電気を使用するため、光熱費が削減できるうえ、ご家庭で使用する電力以上を発電した場合でも、余った電気は「余剰買取」として電力会社に買いとってもらえます。

メンテナンスも簡単

太陽光パネルのメンテナンス、気になる砂ぼこりなどの汚れも、雨でたいてい洗い流されますので、それほど必要ありません。

クリーンなエネルギー

これまでのエネルギーを地球上の化石燃料に依存してきた為、地球温暖化など、我々を取り巻く環境が刻々と変化しております。太陽光発電によって生み出されるエネルギー(電力)は地球環境に優しいクリーンなエネルギーです。

災害時の備え

地震や台風などの自然災害により、電力会社から電気の供給がストップ(停電)しても、太陽光発電している間は、非常用コンセントが使用でき最大1,500Wまで電気を使用することができますので、万一の災害時でも安心です。

よくあるご質問

LEDって、10年もつって聞くけど、本当なの?

メーカーが公表している寿命の大半が40,000時間です。
例えば、1日に8時間点灯しているとして、年間の点灯時間は2920時間。寿命が40,000時間ですから寿命は13.7年となります。24時間点灯しているとすると、約4.6年となります。計算上は・・・
少し話は逸れますが、蛍光灯ランプの寿命は6000~12000時間といわれています。 仮に寿命が6000時間だとして1日8時間点灯ですと約2年もつはずなのですが、経験上「去年変えたばっかりなのに・・・」ってことは多々有る思いますし、逆に「少し暗い感じがするけど10年はもってるよ」って事例もあります。
LEDも同じで、様々な要因が考えられ、何年もちますとは断言できません。
大手国内メーカーですら保障期間は1年としています。

普通の家で、LEDにしたら、本当に電気代は安くなるの?

電気料金の計算方法は、基本的に「基本料金+使用した電力量」が毎月の電気代となります。
電気量というのは、1時間あたりどれくらい電気を使った(使う)かを「kWh」という単位で表します。

100Wの白熱電球10個を点灯すると
100W×10個=1,000W=1kW
となり、これらの電球を1時間つける電力量を
1kW×1時間=1kWh
と表します。

例えば、白熱電球60W10個がLED8W10に買い替えたとすると、その差は
60W×10個-8W×10個=520W=0.52kW
1日に6時間点灯しているとしてその差の電力量は
0.52kW×8時間=4.16kWh/日
1か月にすると
4.16kWh×30日 = 124.8kWh/月
となります。

電気使用量300kWh超のご家庭では、1kWhあたり33.32円(関西電力)ですので
124.8kWh×33.32円=4,158円下がります。

今使っている蛍光灯や水銀灯は2020年には使えなくなるって本当?

2020年に蛍光灯(一部を除く)や水銀灯は全面製造中止ということなのですが、今現在使用されている器具はそのまま使用することは出来ます。
ただし、蛍光灯や水銀灯の電球が切れて、お店に買いに行っても商品が無いという状況になりつつありますので早めのLEDへの交換をお勧めします。

今使っている器具はそのままで、蛍光灯をLEDに変えられるLED電球って簡単に替えられて便利だけど、どうなの?

購入されて1、2年の器具ですと、器具本体は問題ないかと思いますが、蛍光灯は電源から安定器という機器を通して点灯していますので、この安定器がおおむね4~6W程度の電力を消費します。
LED電球は蛍光灯用の安定器を必要としませんので、無駄な電力を使い続けることとなります。また、LED電球自体は使えるのにこの安定器が故障して電灯がつかないということもありますので、弊社ではお勧めしておりません。

水銀灯の球だけLEDに交換って可能なの?

可能です。ただし、蛍光灯同様バイパス工事が必要なメーカーのものも有りますし、水銀灯専用の安定器をLED専用の電源ユニットに交換が必要になると思います。(一部を除く)お客様によって様々ですので、ご相談ください。

お問い合わせ

御社のお悩みは
幸楽にご相談ください!